俳句大会報告(令和元年度)

令和元年度辛夷三賞

◎辛夷賞  脇坂 琉美子

心折れさう大ひまはりの前に佇つ
毛布抱く子と星空の旅をして
痛み無き一刻心小春なり
馴染添ひと薄く笑ひぬ春火鉢
強すぎる百合の香若き日の蹉跌

◎衆山皆響賞 石黒 順子

金秋の山の出入りは祈りから
みづうみへ翼をたたむ鷹一羽
地球儀を回し夢追ふ卒業子
遠ざかる句心揺する瑠璃の声
朝服(てうふく)の浅緋(あさあけ)にほふあいの風

◎奨励賞  浅尾 京子

蜩や家出心で歩きをり
御正忌の帳場に託す寄進米
手焙に世話役選ぶ下話
山繭の生死は知らず透かし見て
宥めやうもなくて淹れたる新茶かな

◎奨励賞  磯野 くに子

神めいて虹立つことも滝しぶき
独り居の秋めく風に戸を閉めて
夜の寂しうたへ踊れよ嫁が君
鉢々に声かけ寒肥置く日かな
夫あらば何を語らん花の橋

◎年次大会入賞作品  中坪達哉主宰選

天位難聴も生ある証蟻地獄齊藤 哲子
地位息抜きの一つ気儘に草を引く平木美枝子
緑蔭を頬をたたきて出でにけり太田 硯星
人位割れ初むる棚田の畔や滑莧澤田 宏
雨上がる予告花火の音二つ中島 廣志
母訪うて背中合はせに昼寝かな水上 玲子
特選昼寝より覚めて一気に戻る齢青木久仁女
散り尽すまでいくたびの花吹雪寺田 嶺子
石一つずらし水抜く菖蒲園成重佐伊子
万緑に溺れて己見失ふ平井 弘美
畳拭くことの縁や堂涼し岡田 康裕
遺跡掘る鋤簾の手元西日さす秋葉 晴耕
汗みづく洗濯順に衣類分く橋本しげこ
新樹光生命線の少し伸び富井 恵子
守宮来る決まつて子らの寝る頃に野村美智子
穂肥撒く音弥高し雲の峰藤井 哲尾