<草紙26> 「大山文化会館の取り壊し」(富南辛夷句会便り)

 「青春時代は夢なんて……」に始まる森田公一のピアノと歌が幕開けだった。大山文化会館での長女の成人式の景。この文化会館の取り壊しが始まった。設立以来、約40年間も大山町民の文化活動を支えてきた会館だ。町が富山市に合併後、身の丈にあった「コンパクトなまちづくり」の具体化として、修繕や維持費を考慮して2018年度末に閉館していた。この取り壊し跡地に、2023年の春、大山地域の公共施設を再編して多世代交流拠点となる新施設が誕生する。現在の大山行政サービスセンター、大山図書館、上滝公民館機能が入り、大山文化会館に替わる多目的ホールも整備されるとのこと。取り壊しの工事を目にして、寂しさと新しい施設で句会を行う楽しみが、相半ばしている。

 さて、12月の句会だが、句材は日向ぼこ、クリスマス、山眠る、雪の立山、マスク、雪用意、冬の虹、冬キャベツなど。コロナ禍の落ち着きもあり近距離の旅吟の句が数句みられた。今回は、『辛夷(令和2年7月号)』掲載の「投句事前チェックリスト」のコピーを配布し、注意点を意識しつつの推敲を行った。自分で気づくのはなかなか難しいようであったが、句会で皆と確かめ合うことができ、良い機会となった。

 投句のあった季語に合わせて前田普羅の句を一句。

大いなる足音きいて山眠る(前田普羅 飛騨紬所収)

康裕


<草紙25> 「冬代田に雪の立山」(富南辛夷句会便り)

 2年ほど前から、句会拠点の上滝公民館の周辺で11月から12月にかけて代掻きをする田んぼが大幅に増えた。時には、霙ふる中での代掻きも。聞くところによれば、冬期に代掻きし、しばらく湛水の後、水を落とし、来春に直播きするとのこと。「乾田直播農法」の一環という。従来の農作業を大きく変え、そこに住む村人の季節感をも変えるものだ。

 その代田に雪の立山を見た。さて、一句をと思うが、季語をどうするか。農作業が変わりゆく時、新しい季語も現れてくるのだろう。

  立山の映り全し冬代田   康裕

 さて、句会だが、ようやく普段の句会に戻ってきたように思う。句材は、秋夕焼、秋の声、秋祭、茸飯、行く秋、冬支度、報恩講、冬の虹、山茶花、七五三などで、コロナ禍で家籠りや近くを散策する句が多かった。今回は、①季語の説明になっていないか、②報告になっていないか、③一般概論になっていないか、④作者が見えるか、を普段より意識して句会を進行。作者の推敲に参考となる意見や言葉がいつにも増して次々と出され、活発に句会を楽しんだ。

 投句のあった季語に合わせて前田普羅の句を一句。

椎の木を離れてはげし秋の声(前田普羅 昭和21年作)

康裕


<草紙24> 「公園の石榴の思い出」

 11月下旬、「汽車ポッポ公園の石榴は今どうなっている?」と心配しながら6人で見に行きました。石榴は健在で、拳大の球形が2個残っておりました。果皮が裂けて中の赤い実が見え、笑っているかのようでした。

 思えば6月半ば、目にも鮮やかな朱色の花石榴を見てから、石榴の虜になりました。木の周りにはタコウインナーがいくつも転がり、これは一体何だろうと興味が沸きました。辛夷草子の<16>をご覧ください。とてもかわいいものでした。8月には小さな石榴が15個以上成りました。つややかな明るいオレンジ色の実で、徐々に大きくなり果皮が裂けるようになってきました。10月の石榴はずっしりと重みも増し、色も秋色となってきました。

ハロウィンの仮面のごとき石榴かな    ヒロ

 11月には、いつのまにか数が2個のみとなっていました。皆で欲しそうに眺めていると、露人ワシコフならぬ優男が石榴を打ち落したのです。

 露人ワシコフ叫びて石榴打ち落とす   西東三鬼

 石榴は無残にも割れてしまいましたが、石榴の粒々の実はまるでルビーのように光っていました。食べてみると、甘酸っぱく郷愁を帯びた味でした。この石榴の思い出は、きっと俳句人生に潤いを与えてくれるでしょう。

ヒロ