o

辛夷句抄
(平成30年10月号)

五岳集句抄

浮橋の揺れを忘るる蓮の池 今 村 良 靖
大旱棚田に及ぶ電気柵 但 田 長 穂
帯少し低く締めをり盆ごころ 藤   美 紀
振り売りの声とほのきて朝曇 野 中 多佳子
神仏に頼る猛暑となりにけり 渡 辺   梓

高林集句抄

心折れさう大ひまはりの前に佇つ 脇 坂 琉美子
夕蝉やいつか遠のく厨事  相 川 澄 子

衆山皆響句抄

森の道二手に分かれ蟻につく 岡 田 康 裕
独り居の秋めく風に戸を閉めて 磯 野 くに子
夏の畑猿をかこうてゐる如し 山 元 飛 鳥
二人して今日も続きし土用干 山 本 喜美子
秋を待つ時計の電池入れ替へて 永 井 宏 子
靴音に起きる五時半キャンプ村 中 川 正 次
爽やかや車窓全開田圃へと 藤 井 哲 尾
男子会まづ乾杯の蝮酒  川 田 五 市
片陰を歩幅縮めて子らの行く 小野田 裕 司
新涼に指が編針こひしがる 山 田 ゆう子
香薫(こうた)きて家の隅まで盆となす 東 海 さ ち
甲子園めざす車窓の流れ星  井 上 康 正
蟻の群れ我の助けし蚯蚓なり 永 井 淳 子
初蝉の声の方へと歩み寄る  泉   西 吾
二本目と笑つて言ふ娘缶ビール 倉 島 三惠子
手甲を外して涼む車引き 高 岡 佳 子
青蔦を夕べの風の揺らさんと 西 田 武佐史
夏休み経読む背ナへ子供たち  飯 田 静 子