o

辛夷句抄
(令和2年10月号)

五岳集句抄

色失せて石に溶け込む雨蛙 今 村 良 靖
風鈴の妻には耳にさはる日も 但 田 長 穂
麻を着る八十路の肩をすべらせて 藤   美 紀
くじかれし出端の雨も普羅忌かな 野 中 多佳子
波音に眠る一村流れ星 荒 田 眞智子
梅雨明の波のかがよふ九十九里 秋 葉 晴 耕
男来て大暑の砂を袋詰め 浅 野 義 信

高林集句抄

言はずとも本音の見えて氷水   明 官 雅 子
娘の話聞きつつ毟るモロヘイヤ 新 村 美那子

衆山皆響句抄

風に蜘蛛けはひを消して囲の真中   坂 本 善 成
新藷の皮剥き終へて許さむと 水 上 玲 子
おはぐろの羽一枚や草の上  加 藤 雅 子
木洩れ日を過(よぎ)る揚羽の影落し 松 田 敦 子 
冷奴天下を語る友は逝き  発 田 悦 造
若き日に荷を負ひ飲みし岩清水  今 泉 京 子
御仏と妖怪見たり夜の墓参    東 海 さ ち
村はづれ盆路(ぼんみち)長き母の里 紺 谷 郁 子
碑の語る金山関所草いきれ 勝 守 征 夫
カーテンを引くも日課や西日射す  柳 川 ひとみ
たばこ屋は看板だけに帰省みち  漆 間 真由美
サングラス外しあまりに優しき目 中 村 玉 水
もぎ取りし瓜をかりりと盆休み  倉 島 三惠子
何処より鉢に根を張る草の花 相 川 道 子
立山が一駅ごとに迫る秋  那 須 美 言
たなごころほどの憂鬱日の盛り 田 村 ゆり子
端居してあてなき旅の話など 宮 川 貴美子
昼顔に微笑み貰ひ五千歩を  多 賀 紀代子