o

辛夷句抄
(令和元年7月号)

五岳集句抄

酒蔵の竹林を抜く若葉風 今 村 良 靖
九十九折傘も杖とし花吹雪 但 田 長 穂
紺碧の令和の空や幟立つ 藤   美 紀
桜蘂降る坂道のここに尽き 野 中 多佳子
あるがまま生きるは難し初夏来る 渡 辺   梓
淋しさに慣れる淋しさ春の虹 荒 田 眞智子
三椏の花孫も継ぐ米つくり 秋 葉 晴 耕
雨ながら濁らぬ流れ水芭蕉 浅 野 義 信

高林集句抄

日の差すや町家狭間(はざま)の植田にも 漆 間 志 信
声嗄らし監督ノック夏来たる 大 谷 こうき

衆山皆響句抄

夫あらば何を語らん花の橋 磯 野 くに子
連休の二日は畑に柿の花 寺 田 嶺 子
掃きづらきところばかりに竹落葉 金 子 喜久子
我が身こそ買物難民桜餅 山 田 孝 子
おほどかに桜蕊ふる門ひとつ  澤 田 宏
仏花にと鋏鳴らせば揚羽蝶 八 田 幸 子
藤棚をくぐりて幹の太きかな  今 井 久美子
空を着てねむりたいよな初夏の午後 山 田 ゆう子
ボサノバのリズムに似たる田植かな   平 田 外喜夫
母の日や亡き母の声留守電に 斉 藤 由美子
夜更けての茅花流しに戸が揺るる  那 須 美 言
足元に蛇ゐることも谷戸散歩 松 村 永 子
医通ひに楽しみのあり燕の巣     吉 野 恭 子
ついでにと母の日早く来たりけり 北 村 優 子
どの脚も健やかに遠足の列 谷   順 子
駆け下りる草のゲレンデわらび採る    渡 辺 美和子
令和への切符のごとし飛花を手に 民 谷 ふみ子
花びらの流るる水を田にさそひ  広 田 道 子