o

辛夷句抄
(令和2年9月号)

五岳集句抄

荒梅雨や暖簾の重き蕎麦処 今 村 良 靖
山室へことば途切れて梅雨夕焼 但 田 長 穂
段葛行く学僧の夏衣 藤   美 紀
喪ごころのわが肩かすめ梅雨の蝶 野 中 多佳子
白日傘細く巻き止め銀座線 荒 田 眞智子
暑き日の野良着のベルト締め直す 秋 葉 晴 耕
昼顔や佐渡見ゆるかと名立浜 浅 野 義 信

高林集句抄

草笛やけふは独りの餓鬼大将 二 俣 れい子
緋牡丹の色を浮かせり小糠雨 道 端   齊

衆山皆響句抄

歩かれぬ不安は常に茄子の花 吉 野 恭 子
髪洗ふは夫の迎へを待つこころ 寺 田 嶺 子
木洩れ日の映す昔日草を引く 平 井 弘 美
滴りに濡れし鎖を掴み行く 西 山 仙 翁
ノーメークせめて香水匂はせて 北 村 優 子
翡翠に気を取り直すインターバル 新 井 のぶ子
刈り込みし枝の重さや姥目樫  渡 辺 美和子
廃校の脇を通りて登山口 稲 山 規 子
青柿やバス停遠き母の里 釜 谷 春 雄
うちは風もらふ間あひや猪口二つ  黒 瀬 行 雲
梅雨晴や靴磨き無き上野駅  北 川 直 子
骨董屋の非売品なる扇風機 川 渕 田鶴子
青空を称へるごとく蝉時雨 廣 橋 玉 枝
梅雨寒し仕上げふつくら卵焼   平 木 美枝子
素足にて硬球探る青田かな 片 山 敦 至
場所移し風鈴ひとつ鳴りにけり 永 井 淳 子
掛軸の読めぬ字見つつ昼寝かな 山 森 美津子
巴里祭の人波分けて逃避行 中 島 兎 女