o

辛夷句抄
(令和元年10月号)

五岳集句抄

しつこくも轍に沿うて藪枯らし 今 村 良 靖
暑ければ哀しければ黙祷す 但 田 長 穂
墨染を脱げば痩身合歓の花 藤   美 紀
家系図は五代前(さき)まで紙魚走る 野 中 多佳子
不器用に白桃を剥く漢かな 渡 辺   梓
しなやかに夏手袋といふものを 荒 田 眞智子
百日草百日波の音をきく 秋 葉 晴 耕
尖りたる牛の尻骨晩夏光 浅 野 義 信

高林集句抄

深呼吸だけの体操いわし雲  石 原 照 子
帰省子の一つ覚えの土産かな 杉 本 恵 子

衆山皆響句抄

流灯を追うてみたるも三歩ほど  中 島 廣 志
献立を考へあぐね西瓜買ふ 永 井 淳 子
待つ者も無き我家まで鰯雲  高 橋 よし江
木食(もくじき)上人の里に色なき風ばかり 粂  千鶴子
ロストボール分け入りて摘む夏蕨 新 井 のぶ子
救難のヘリ突き抜けし雲の峰 釜 谷 春 雄
梅雨深し酒蔵が吸ふジャズの音  吉 田 秀 子
蔓茘枝(つるれいし)棚の葉裏へ夕嵐  山 森 利 平
炎昼や路上にマイク落とすまじ  鍋 田 恭 子
潮風と渡る踏切夏帽子  倉 沢 由 美
畑灼けし草にも水を撒き散らし 野 間 喜代美
石仏の見守る滝に打たれをり 上 杉 きよみ
思ふほど喜ばぬ娘に夏野菜 小 路 美千代
盆前に畑の草を始末して 安 田 ふたば
刈られても昼顔小さき花をあぐ 砂 田 春 汀
星月夜まづは明るき星愛でて 西 出 紀 子
新築の車庫に玉葱滝のごと 今 井 久 雄
炎昼のパン屋は遠し見えてゐて 大 代 次 郎