o

辛夷句抄
(平成31年4月号)

五岳集句抄

春北風に動ぜぬ一樹神の杉 今 村 良 靖
音のなきことを雪降る音と聞く 但 田 長 穂
浦日和海へ糸引く父子凧 藤   美 紀
探梅や風のかたさを言ひながら 野 中 多佳子
会津武士の祖父の短刀春淡し 渡 辺   梓
懐手深く不漁とこぼしけり 荒 田 眞智子
寒卵産みし昂りありて鳴く 秋 葉 晴 耕
杉鉾へ日矢射す峠うつ田姫 浅 野 義 信

高林集句抄

直売や肥料袋に葱詰めて 岡 田 康 裕
蕗味噌や生来母の味知らず  石 原 照 子

衆山皆響句抄

釣人のリール捌きも春隣 猪 羽 希美子
手焙に世話役選ぶ下話 浅 尾 京 子
紅白梅揃ふを待ちて通ふ宮 井 上 すい子
新年会終へてそれぞれ闇に消え 泉   西 吾
麦踏むはふた昔まへ田畑荒る 倉 島 三惠子
透き通る街に富士浮く冬半ば  田 村 ゆり子
花道の衣擦れ著(しる)き初芝居 高 岡 佳 子
今日一と日労ひくるる夜の雪 あらた あきら
紅梅に歩み夕日に近づきぬ 谷   順 子
門松の押し合ふ荷台松過ぎて  中 林 文 夫
正装の中に我在り初茶会 山 田 孝 子
笹鳴に揺るる枝先二つ三つ 内 田 邦 夫
百歳体操風邪多くして休みとや 廣 橋 玉 枝
道端に黄泉の入口冬の川 砂 田 春 汀
風邪薬二人がかりで猫に飲ます 沢 田 夏 子
冬河原ヘリコプターと手信号  堺 井 洋 子
寒中の気を吸うてより膝軽し   中 村 伸 子
手をかざし裸木の枝数へる子   宇津木 恵 子