o

辛夷句抄
(令和元年6月号)

五岳集句抄

雨戸繰るときにはじまる初音かな 今 村 良 靖
ふらここが座れとばかりささ揺れて 但 田 長 穂
飛花落花本郷菊坂文士町 藤   美 紀
春愁や子のイニシャルのテディベア 野 中 多佳子
桜並木舞台のやうに変はりけり 渡 辺   梓
又来よとかぶさるやうに初音かな 荒 田 眞智子
花辛夷今朝の青空まこと濃し 秋 葉 晴 耕
筆塚や枝垂桜の雫して 浅 野 義 信

高林集句抄

馴染添ひと薄く笑ひぬ春火鉢  脇 坂 琉美子
新色の口紅匂ふ花の雨 北 見 美智子

衆山皆響句抄

雨がちの昼の深さに椿落つ 堀 田 千賀子
令和へと句帳新たに五月来る 齊 藤 哲 子
五月連休来るかも知れぬ夜具を干す  練 合 澄 子
投票を終へ花人の路に入る  五十嵐 ゆみ子
つくしんぼ児ら育ちたる古団地 釜 谷 春 雄
春休み子らも一畝もらひけり 針 原 英 喜
半纏の老いの操る花見船 松 田 敦 子
風船を持つ子と帰るデモの街  久 郷 眞知子
夫逝きて平成惜しむ花筏  大 塚 諄 子
薇やリュックに残る子の名前 村 田 昇 治
君子蘭孤高の朱色持て余し 倉 沢 由 美
老いなれば見てゐるだけの雛納め  宮 林 町 子
花の道カメラの先に外国語   今 井 秀 昭
花吹雪もぐらの穴を塞ぎけり  石 﨑 和 男
春祭笛の係は少女たち 長 井 とし子
廃校に尊徳像は花浴びて  武 内   稔
土筆野へ野球ボールの放物線 正 水 多嘉子
七回忌田起しせよと夫の声  宮 浦 純 子