o

辛夷句抄
(令和元年9月号)

五岳集句抄

そそくさと優先席へ梅雨湿り 今 村 良 靖
春落葉塚にもうしろ姿あり 但 田 長 穂
頼朝の廟堂暗く沙羅の花 藤   美 紀
グッピーの反転碧き水の黙 野 中 多佳子
生かされて自今大事や夜の秋 渡 辺   梓
作り滝の音のトンネル子ら駆けて 荒 田 眞智子
鍬をまだ振れる昨今風薫る 秋 葉 晴 耕
丘陵の風に選りゐるラベンダー 浅 野 義 信

高林集句抄

風鈴の雨にも慣れし音色かな  二 俣 れい子
深々と日除真昼のブックカフェ  石 原 照 子

衆山皆響句抄

草取り女明日開園と腰伸ばす 平 井 弘 美
祭獅子酔ひたるも足揃ひけり 石 間 甚 郎
見ぬふりの草の庭にも夏嵐 森 下 和 子
久々に語る母娘に螢飛ぶ 粂  千鶴子
夏蔦に傾きさうな茶房かな  木 谷 美 以
葉の裏へ蛍の光まはりたる 紺 谷 郁 子
自転車の異国語過ぐや風薫る 金 山 千 鳥
夏霧に濡れて歩くも山の朝 佐々木 京 子
驟雨来て大逆転の気配せり  粟 田 房 穂
端居めくテレビの音も遠ざけて 山 本 喜美子
幹を撫で立ち休らふや山毛欅若葉  中 林 文 夫
飽きもせで青田の雨を眺むる日  加 藤 雅 子
夏つばめ新マウンドの土狙ふ  針 原 英 喜
梅雨晴間着ているものも洗濯に 村 田 昇 治
木の声の溢るる寺内風薫る 般 林 雅 子
青田風けふの散歩は逆回り 平 木 美枝子
鬼コーチ糠蚊を払ひ歩み来る 川 田 五 市
振り返り蛇の横断見届けり 宮 浦 純 子