句会報
辛夷各支部句会報・会員投稿写真を順番に紹介します。

高志の国文学館 枯れ山
撮影:令和元年
11月初旬
撮影:富山県・立山町芦峅寺
令和元年11月下旬


   東京辛夷句会
   9月15日 於・墨田区ユートリア
急坂を上れば先に鰯雲 浩 男
鰯雲ふれ合ひノート置く駅舎 哲 子
秋光の山織りなすや色分けて 飛 鳥
昼寝覚め無為の日々をば悔いてをり 房 穂
夕風の鎮めきれずや草いきれ  明
群嶺に秋冷いたる日和かな  誠
  花ごよみ句会
  9月11日  於・横須賀市立青少年会館
面会も旅と思へばいわし雲 久仁女
蓑虫の身の程を知る蓑の嵩 てる江
台風の目の恐ろしきほど静か 照 子
欠伸する河馬の遊具や秋の昼 よし江
いしぶみの読めぬかな文字秋高し 玉 水
台風裡不安な夜のコークハイ 美恵子
秋祭り終へし公園昼ちちろ 富美子
秋高しマグマのひそむ浅間山 京 子
パノラマの空従へて濃竜胆 美也子
   
  富南辛夷句会  
  9月27日 於・上滝コミュニティセンター
猿よりも早取りしたり秋ナスビ 飛 鳥
羊飼ひ隠れていさう秋の雲 優 子
人知れず隣家無住に秋夕焼 友 子
鉄道草空地に家の建ちにけり 文 夫
転校生飛蝗五匹のポリ袋 ゆみ子
魚沼の新米届き炊きし今朝 圭 子
また一つ壊れし町屋秋の風  喜代美
千年樹産土守りて空高し むつ子
勝手口人恋しいかちちろ鳴  淑 子
又一歩近づく立山(たち)や中稲刈る 康 裕
   
   ノラの会  
  9月27日  於・サンフォルテ
秋草を加へて供花のやはらぎぬ 桂 子
鈴虫のもう鳴かざりし狭庭かな さなえ
旧軽を夫とそぞろや石叩 ふみ子
日暮待つ旅人めきて風の盆 多佳子
  せせらぎ句会
 9月29日 於・富岡小学校コミュニティーハウス
千曲川秋風連れて通り過ぐ 牧 子
祈り込め煙る墓標や原爆忌 節 子
さはさはと篁秋を告げるかに 貴美子
彼岸花先祖の墓石読み難き 千枝子
台風や滂沱の雨に打つ手なく 美恵子
送られし新米を磨ぐリズムかな 雅 子
曼珠沙華手向けて奈良の石佛 美 紀
   
  高岡辛夷句会 
  9月29日 於・北日本新聞西部本社
気に入りの場所が居場所や昼の虫 美千代
爽やかに名も無き画家の個展かな  宏
憂き事はさらりとかはし秋桜 暢 子
爽やかや若き子に席譲らるる 政 雄
秋に入り水ころがせて薬飲む あさ子
虫時雨味噌汁の具を採りに出て 田鶴子
納涼祭男踊りの指反りて きよみ
秋燕や海辺の窓に腰かけて 邦 夫
夕風に高ぶる音色秋風鈴 典 子
微風にたゆたふごとく秋桜 孝 子
団欒や梨食べながら梨を剥く  嫩
コンバインの吐きだす藁や秋暑し 恵 子