句会報
辛夷各支部句会報・会員投稿写真を順番に紹介します。

  
雨晴海岸 JR氷見線と雨晴海岸
撮影:JR氷見線雨晴駅
平成31年3月下旬
撮影:JR氷見線雨晴駅
平成31年3月下旬


   発行所句会
   12月9日 於・堀川公民館
怪しさうに歩いてゐるか枯野道 達 哉
干物焼く匂ひの路地を一葉忌 多佳子
マフラーをゆつくり巻きて別れけり 眞知子
新聞を読む横顔の冬帽子 義 信
茶の花や笑むとも見ゆる欠け仏 硯 星
切株は杜のテーブル鵙日和 佐伊子
足裏に落葉のぬくみ踏み行きて 桂 子
青空を引つ張つて落つくわりんかな 琉美子
物干して小春の空を遠く見る 美那子
冬帽を買ひし帽子屋コンビニに 雅 子
時雨傘差し出す人や塚一つ 芳 雄
箒の目均してゆきし時雨かな 雅 夫
蛇の衣妻には告げず冬囲 康 裕
煮上がればかくも多くておでん鍋 美 子
立山を大きく望み報恩講 順 子
冬薔薇窓にバレエの脚見えて 廣 志
目に染むや侘助の白友病むと 弘 美
厨より外に出てみる冬夕焼 千賀子
寒林に囲まれ旧の美術館 幸 子
近づけど逃げぬ鴉や神の留守 すい子
亡き人の直伝のメモ蕪寿司 喜美子
赤かぶを求めし飛騨路空青く 和 美
小春日や嬰の欠伸を囲む顔 恭 子
サム・ティラーのテナーサックス燗熱し 富 夫
山茶花やうしろ歩きのランドセル 美 苗
枕辺に冬の灯ひとつ何読まむ あきら
やはらかき母の手の平銀杏散る  宏
鐘ひとつ撞きて降り来る枯れ木山 邦 夫
とつとつとみやげばなしを小春人 行 雲
冬の夜のネジも固くて鳩時計  慧
山ひとつ抜けるや柿の照る村へ 正 江
  砺波辛夷句会
    11月15日 於・砺波市図書館
分水嶺何時しか越えて夕紅葉 美枝子
秋祭音がいいねと祖母が言ふ 武佐史
新米のふくろ担げば温もりも こうき
蟷螂も蝗も飛ばぬ畦を行く 宗 承
剱岳青し木槿の咲き継ぎて 雅 子
百年の振り子時計や散居の秋 夏 子
朝々に露をこぼして菜虫とる 久美子
やはらかな麦の芽烟る村の朝 哲 尾
冬瓜に夫の手を借り厨妻 ゆきみ
雨に覚め見れば苅田の眠るごと  衛
一歩一歩何かを翔たせ草紅葉 邦 翠
ハミングは昭和のメロディー小鳥来る 沙千子
秋空へ伸び思ひきり深呼吸 照 子
飛行機雲はやきれぎれの秋夕焼 丈 子
コンビニへ父と子の影月さやか 静 子
奥飛騨はみな入母屋の紅葉茶屋 五 市
湯上がりの宿傘を打つ木の実かな れい子
移り住む村の祭の親子獅子 と み
菊を活け蕾ばかりも香を放つ 寿 仙
楽しみの遠出ドライブ霧立ちぬ 一 昭
山葡萄摘むをこらへて列の中 一 子
祖父育て孫手作りの薯の菓子 紀 子
白露や陶の狸の顔ぬぐふ 英 夫
緩やかに百才体操菊日和 玉 枝