句会報
辛夷各支部句会報・会員投稿写真を順番に紹介します。

ふらここ 芽吹きの柳
撮影:富山県・立山町総合公園
令和2年3月下旬
撮影:富山市・環水公園
令和2年3月下旬


  発行所句会
   1月12日 於・発行所句会
それぞれの部屋の寒さや廊軋む 達 哉
梅型の人参のこる四日かな 多佳子
病む窓に雪来るといふ風を聞く 眞智子
窓を打つ雨夜の灯下鱈を煮る 義 信
山門をくぐるや寒気のしかかり 硯 星
氏神へ先づは詣でむ初化粧 佐伊子
行く年を月忌の僧と語り合ふ 桂 子
湯冷めせり肌すきとほりゆくやうな 琉美子
寒鰤を出汁にくぐらせ昆布の香も 雅 子
血脈の水流れ落ち山眠る 美那子
新調の眼鏡明るき報恩講 芳 雄
施設にも慣れしと友の賀状かな 雅 夫
寒鴉鬼門外して舞ひ降りる 康 裕
耳底に亡き父の声初鏡 美 子
竹林に風棲む京の聖夜かな 順 子
御降りの小止みに傘を持ち替へて 千賀子
書き写す予定数多や新日記 廣 志
治療終ふ着ぶくれ軽く車発つ すい子
田作りを作る喜び重ねけり 恭 子
硯海に今さして来る初日かな 美 苗
行きゆきて郷社の淑気身に魂に 行 雲
秒針を合はせてからの除夜詣  宏
つくづくと庭の冬木も二十年 あきら
踏み入りて冬めく湿り杜の朝 邦 夫
寒椿板場の音も密やかに のぶ子
薄氷の半月を割り耳鳴りす 弘 美
  並木俳句の会
    12月18日 於・並木コミュニティハウス
ガス燈の灯る街路や冬浅し  明
冬の蠅日差しの気配地を歩む  梢
ビル映す手のひらほどの氷かな 恵 子
クリスマス自分のための帽子買ふ 正 子
傷少しわけあり林檎の哀しさよ 節 子
玲瓏の空に一点冬の月 宏 紀
手のひらに水源の地の冬を知る 明 節
連峰や涅槃のさまに冬紅葉 美 紀
  みなかみ句会
  12月22日 於・砺波市中野農村振興会館
落葉掃きこれで仕舞ひか見上げたる 美恵子
松葉掃く時雨の隙を見計らひ 哲 尾
おみやげに小分けの袋冬の旅 静 子
村時雨ハワイ旅行の話聞く と み
鳥どちのおとなひ絶えぬ冬籠 久 雄
夕暮の主なき家柿たわわ  啓 一
味噌小屋に陽の香の温し大根漬く 久美子
末枯の畦道つたひ隣家へと 順 一
懸命に柿の皮剥く秋灯し 町 子
  安野屋俳句教室
   1月9日 於・安野屋地区センター
読初は賢治の童話星光る 敦 子
雛の軸掛くも仕舞ふも独り言 秀 子
磯風や牡蠣焼く音のはじけたる 嘉 夫
読初にゴッホの書簡切々と 眞知子
読初の紀行はいよよ敦煌へ 多佳子