中坪達哉主宰近詠

   花 吹 雪
            中坪達哉
蝶々の飛び交ふ我も出掛けねば
雑踏をただよふことも春うれひ
花見ゆる軒まで駆けて雨宿り
チューリップの赤団散歩ここらまで
花仰ぐかたはらに鷺人めきて
花吹雪靴を埋めし花の塵
  高野山弘法大師御廟唐櫃を高岡にて拝観
唐櫃の螺鈿にも来よ花吹雪
  内 山 邸  二句
夜もまた雪のごとくに散る花か
紅枝垂くぐるが宜し待合へ
倒れ勝ちな鞄を立てて春惜しむ