中坪達哉主宰近詠

   春一番
            中坪達哉
風花は甲斐駒よりと思ふべし
枝折戸の古りて音なく日脚伸ぶ
  立春に春一番
日付変はる春一番の風音に
庭に屈む春来たりけり姫立金花
垣手入大日岳は雪厚し
体操も様になりしか囀れり
春の虹鞄持たねば足早に
  葬儀に列す
花束の湿りも春の寒さかな
時間潰す歩みとなりて柳絮舞ふ
  高   岡
行き帰り大仏拝む桜東風