o

辛夷句抄
(平成30年9月号)

五岳集句抄

梅雨晴の屋根に老猫大欠伸 今 村 良 靖
海鳴りを背に植ゑ急ぐ大棚田 但 田 長 穂
庚申塔前に後に蟻地獄 藤   美 紀
すれ違ふ娘の匂ひたつ藍浴衣 野 中 多佳子
老い就きて恋ともならじ梅雨じめり 渡 辺   梓

高林集句抄

桑の実やかの日の甘さほど遠く 野 村 邦 翠
帰りたしアイスコーヒー薄まりて 明 官 雅 子

衆山皆響句抄

よぎりたるサンバの踊り汗しぶき 小 澤 美 子
月山の風の道ありちんぐるま 富 井 恵 子
真清水の流速に手のよろこびて 角 田 恵美子
刃の匂ひかすかに移り冷奴 村 田 あさ女
昨日より空に近づく立葵 栗 原 静 江
あぢさゐに始まる手紙長くなり  吉 野 恭 子
夏空に斜面を走る牧羊犬  加 藤 雅 子
植木鉢移動させれば蜥蜴這ふ 渡 辺 美和子
夏木立ここから雨になることも 大 野 恭 佳
夏草や廃屋までも呑み込むや 川 渕 田鶴子
父祖の地に生きて変はらぬあいの風 寺  沙千子
法事終へ座敷に残る扇風機 沢 田 夏 子
夏の空わが青春の遠き蒼   長 久   尚
蝉去れば空の広さの網戸かな 片 山 敦 至
雲の峰心の澱(おり)の吸はれゆく 武 内   稔
吾が世代少なし納涼OB会 勝 守 征 夫
緑陰のセーヌの風の頁繰る  漆 間 真由美
夏雲を目に焼き付けて海潜る  粟 田 房 穂