o

辛夷句抄
(平成30年6月号)

五岳集句抄

川の字にぶら下がりゆく入学児 今 村 良 靖
笹鳴や取り払はれし屋敷神 (内山邸) 但 田 長 穂
菜を刻む音早春の坊泊り 藤   美 紀
木の芽張る探鳥小屋の小昏さも 野 中 多佳子
花明り影絵と映る月日かな 渡 辺   梓

高林集句抄

早すぎて今年の桜よそよそし  二 俣 れい子
夜気やはらかく沈丁の香の重し 脇 坂 琉美子

衆山皆響句抄

立ちて観る野外劇場燕来る  中 島 廣 志
湯巡りの木札ぶら下げ夕桜 富 井 恵 子
ありし日の君駈けくるや花の山 東 海 さ ち
ジュウジュウともう餌強請(ねだ)るつばめの子 大 和   斉
身を寄せて水面に鴨の引き支度 井 上 康 正
たんぽぽの絮の行方を見て独り  山 崎 和 子
木の芽吹く路傍もろもろ眩しくて 渡 部 武 了
花待たず兜太秩父に帰り逝く 倉 島 三惠子
犇めきて蝌蚪うらがへる水溜り  高 岡 佳 子
頬白の吾になつきて近づき来  中 林 虎 雄
浮かれても下戸の花見やモカ珈琲   寺 崎 杜詩緒
ぶり返す寒さもあらむ梅開く  中 林 文 夫
老犬の逝きて遅日の縁側に 寺 田 嶺 子
菜の花を残し耕す野球帽  中 川 正 次
菊練りの手の冷たさも春の夕 水 上 美 之
春嵐老いての留守居落ちつかず  山 崎 みさを
手に取りて椿の苗木均一値 飯 田 静 子
帰るなり母に甘えて遠足子 足 立 美也子