o

辛夷句抄
(平成30年4月号)

五岳集句抄

鳥を描くに決めかね羽の色 今 村 良 靖
深雪道歩きて人を追ひ越さず 但 田 長 穂
作務衣僧裾よりこぼる龍の玉 藤   美 紀
風筋の一夜を太る軒つらら 野 中 多佳子
楽器屋の吊されギター冬深し 渡 辺   梓

高林集句抄

釘箱の釘の山にも寒波来る  明 官 雅 子
ほたほたと甍の波に消ゆる雪 北 見 美智子

衆山皆響句抄

灯を消すや雪の明かりに眠らむと 大 谷 こうき
水替へを怠ることも冬桜 堀 田 千賀子
春コート腕に東京丸の内  齊 藤 哲 子
白鳥に綿のやうなる薄日さす 角 田 恵美子
雑炊にぬくもり夫婦水入らず  永 田 とおる
真冬日の鏡のごとき交差点  水 上 美 之
手袋にスコップの色移りけり 片 山 敦 至
広縁にひとり風花仰ぐ母  漆 間 真由美
路地掃くも一善梅のほころびて 中 川 信 子
雪降りて都会暮らしのあやふさよ 新 井 富美子
雷鳴や兼六園は雪の中  田 村 ゆり子
雪降るや糸鳴らしつつ針仕事  吉 野 恭 子
ゲレンデの晴れ渡るかな影も濃く 渡 辺 美和子
自販機の声すら温し深雪道 釜 谷 春 雄
小啄木鳥(こげら)来て狭庭の雪を輝かせ 民 谷 ふみ子
あちこちに本積み上げて冬籠  大 池 國 介
廃線に汽笛聞こゆる雪しまき 粟 田 房 穂
顔彩を溶く指先や春寒し 髙 田 頼 通