o

辛夷句抄
(平成30年5月号)

五岳集句抄

春うららせがまぬ犬を連れ出せり 今 村 良 靖
新駅を出てそれぞれの春隣 但 田 長 穂
襖絵の竜虎小暗き梅の寺 藤   美 紀
木の根開く喪明けの庭に鳥の影 野 中 多佳子
芽柳や利根大橋のたそがれて 渡 辺   梓

高林集句抄

卒業生黒板アートに想ひ籠め  鈴 木 てる江
飾らねど待たるるここち雛祭 菅 野 桂 子

衆山皆響句抄

残雪の庭に踏み入り木と語る 岡 田 康 裕
鳥風(とりかぜ)や観察小屋に人気なし 猪 羽 希美子
しづくする濯ぎ物にも風光る  粂   千鶴子
如月の陽の明るさに化粧して  木 谷 美 以
蕗の薹探しがてらに散策す 石 原 節 子
春風やどこかに牛舎あるやうな  勝 守 征 夫
春一番曇り硝子の影をどる 村 田 あさ女
紙風船吹くや微かに薬の香 森 川   享
梅咲くや夜明けの色を加へつつ  馬 瀬 和 子
雪の声聞きつつ夕餉までの刻  あらた あきら
セロハンの音の包みしシクラメン 畠 山 美 苗
木々たちの背伸びのけはひ春障子  吉 田 秀 子
逃げ水の果てにゆらめくスフィンクス  坂 本 善 成
雪晴の空に声かけ花買ひに 浅 尾 京 子
春の土自転車降りて押しにけり  内 田 邦 夫
初蝶に逢へさうな日や女坂 八 田 幸 子
剥製を並べ民宿花を待つ  砂 田 春 汀
淡雪の音といふもの傘の上 山 腰 美佐子