句会報
辛夷各支部句会報・会員投稿写真を順番に紹介します。

  

尖山登山道
内山邸庭園
(奥に文庫)
富山県中新川郡立山町横江
撮影:平成30年4月下旬
富山県富山市
撮影:平成30年3月下旬


  花辛夷句会
    1月15日 於・魚政亭
着ぶくれて夫の一言聞き漏らす 美 子
金粉を浮かべ歳の茶寿げり 吉 子
庭仕事止めよ止めよと雪が降る 隼 人
根深葱母からつなぐ雑煮の具 あきい
出初式ヘリ飛ぶ空の碧さかな 華 代
又一日暮れてゆくかや鳥渡る 禮 子
  砺波辛夷句会
 1月18日 於・砺波市図書館 
冬夕焼ひととき浄土を信じをり やすを
冬ざれや村のチャイムはわらべ唄 こうき
時雨るるや徒歩を一途の小商 玉 枝
冬椿和紙の里にて買ふ豆腐 美枝子
七十路の皺も親しき初鏡 れい子
失せ物を探す一と日や雪が降る 沙千子
鴨鍋や昭和生まれの縁者たち と み
普請場の休憩焚火を真中に 英 夫
戸を繰れば霰ころころ今朝の庭 明 子
ふつふつと根菜煮込む音も冬 邦 翠
名古屋よりおせちの届く知らせ来る 照 子
応援の子等と合はせる煤払 寿 仙
櫛の歯の抜けるごときや年賀状 宗 承
音もなく一尺五寸今朝の雪 紀 子
花嫁の寒鰤届き至福膳 千代子
豊漁の兆しか真夜の鰤起し ゆきみ
柏手を打つ平成の初明り 丈 子
寒燈下内職の手の休みなし 武佐史
改装の旧家に響く虎落笛 春 汀
初釜や夫婦相和し至福時 一 昭
広間には三軒の餅並びけり 久美子
旅終へて仄と香れる寒薔薇 一 子
孫の机にミニ鏡餅鎮座して 哲 尾
ことほぎの声で目覚めし寝正月 五 市
耳鳴りや寂かに雪降る午前二時 ふ み
  みなかみ句会
   1月21日 於・砺波市中野農村振興会館
料理する係の日なり鰤大根 久 雄
転勤を控へ地域の新年会 と み
捨てきれぬねんねこ羽織り子守りかな 町 子
持て成すや古き九谷に蕪ずし 久美子
書をひとり読む日々戻る松過ぎて 哲 尾
連名となりたる甥の賀状かな 静 子 
屋根裏のワープロ廃棄年の暮 三恵子
雪すかし鏡開きの餅喰らふ 順 一
年玉を集めかぞへて幼子は 啓 一
   
  安野屋俳句教室
 2月8日 於・安野屋地区センター
針納め人の物ばかり縫うて老ゆ 秀 子
工事場のコーン転がる春一番 眞智子
針山の紅絹に見覚え針供養 敦 子
大氷柱手折る軍手に吸ひつきぬ  多佳子