中坪達哉主宰近詠

  長 良 川
            中坪達哉
  妙照寺 「芭蕉の間」 二句
椅子なるも正座の目線夏座敷
沈みたる涼気ゆるりと身ぬちへと
  同寺境内 二句
その中の伸びたる緑あかざかな
底紅の紅の濃さにも去りがたし
  河   畔
炎昼をいくたび天守仰ぎしや
炎昼をともに歩みしことも幸
  鵜 匠 宅
川風の涼しさに鵜の欠伸かな 
長良川鵜飼に間あり鮎跳んで 
  岐阜城天守 二句
夏蝶のもつれてゐしが消えにけり
手にとどくまで近寄れよ岩つばめ