中坪達哉主宰近詠

  水 温 む
            中坪達哉
水温む神通川の匂ひかな
  富岩運河環水公園 二句
水辺への道迷はずにチューリップ
欄干に人留まるたび水温む
散りつつも寄り来る鮠や花見船
帰り道迷ふものとて夜の蛙
  都 を ど り
幕開けを待つ撫で肩に花の塵
  鴨   川
花ふぶき真つただなかぞ踊れとや
都をどり行きも帰りも月に濡れ
沸き上がる珈琲を待ち春惜しむ 
著莪の花そろそろ道もさびしくて